2015年02月06日

じつは脇が甘い

この本宅、蝶ブログ、そして、もうひとつの別宅、パリ・ブログ、

両方とも、お義姉さん(兄の奥さん)に見つかってしまった。

このふたつのブログを同時に見つけ、同一人物のブログと知ったのは、

おそらくお義姉さんぐらいだろう。(他にもおられるかも知れないが、わたしが知っている範囲では)


ブログ村登録の際のメールアドレスやI家用跑步機Dなど、別のものにして、関連性がバレないように工夫したが、

いともカンタンに見破られてしまった。

苦心したと思っているのは自分だけで、じつは脇が甘い?


もともと、お義姉さんは、わたしをパソコンやインターネットの世界に導いてくれた、この道の達人。

兄の家に20年以上前、(1980年代後半?)、遊びに行ったら、

お義姉さんはパソコン通信をやっていて、チャットにその場で参加させてくれた。

わあ、これはおもしろい、と、即、飛びついたわたし。


他にも、会話形式で入力して教えていけば、どんどん賢くなって語彙が増えて進化していく

女の子(設定)との会話ゲームソフトももらった。

子供たちはまだ幼稚園ぐらいだったが、コトバのお勉強にもなった。

映像や画像はまったくなく、真っ黒の画面に、文字入力していくソフト。

女の子の設定ではあるものの、ビジュアル面は、まったく皆無で、すべて文字。

女の子イメージは、文字からのみ組み立て、立ち上げる。

今とは、えらい違いだが、言語、国語能力の向上、イメージ創造には役立つと思う。


解凍もコピーも、なんでもかんでも、コマンド?を英数字文字羅列入力していく。

わけのわからない、楽しくなさそうな、やたら大きな機械(黒いモニター)だったが、

モニターの向こうには人がいて、つながっていた、この不思議。

今も忘れられない。

当時のパソコン通信友達とは、今も年賀状のやりとりがある。(顔も知らない人もいる)


まあ、そういうお師匠さんなので、いちはやく、ホームページも立ち上げたり、

自宅や仕事場のネット環境を整えたりする、お義姉さんなので、

わたしのブログを発見することなど、赤子の手をひねるかのごとくだろう。


その結果・・・

ああ、わたしの母の悪口を書けなくなってしまった。

実家に知られてはいけないようなことも、書けなくなってしまった。

けしからんことも、書けなくなってしまった。


まあ、いいか。

こんなに毎日、しつっこく更新しているので、

いくらなんでもお義姉さんも一つ一つに目を通すほど、時間も興味もないだろう。

たまたま、アットランダムに無作為検閲で、怒りを買うようなことを書いていたら、

そのときは、ごめんなさい。

限りなく事実に近い、フィクションですので、お気になさらないようにお願いします。
posted by reffs at 12:53| Comment(0) | 辞書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください